2007年08月03日

みたらし祭

毎年7月土用の丑の日に行われる下鴨神社のみたらし祭。
別名“足つけ神事”とも呼ばれるように、御手洗池に足を浸して心身を清め、無病息災を祈願する例祭です。
t-IMGP1040.jpg
カー子にはまつ毛が3本あることを発見!

t-IMGP1042.jpg
ズボンの裾をまくってソロリソロリと水の中へ…
冷た〜い! それに深〜い!
t-IMGP1049.jpg
足元は意外としっかりしていますが、荷物を持って、ロウソクを持って、カメラを抱えて写真を撮りつつ…
もう大変なのです(笑)
t-IMGP1054.jpg
献灯した後は手を合わせて祈願すべきなのでしょうが、もうそれどころじゃない状態で(汗)。
t-IMGP1063.jpg
冷たい水から上がるとあら不思議。足がぽかぽか〜♪
血管の収縮と拡張を実感。。ほんとに無病息災になれそうです。
t-IMGP1066.jpg
そして御神水もいただき、体の中からも浄化!
t-IMGP1068.jpg
今回、足つけ神事に初めて参加しましたが、これはヤミツキになりそう。
t-IMGP1072.jpg
皆さん熱心に、無病息災健脚祈願されていました。
t-IMGP1074.jpg
そして下鴨神社といえば、みたらし団子。 左のはうどんかな?
このシリーズ、続くのです…
posted by えすさん at 21:55| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年の「みたらし祭」の期間は結構涼しかったでしょ? お水冷たすぎませんでした?
 私が行った日は暑い暑い日、しかも地下鉄「鞍馬口」からせっせせっせと歩いてきたもんで 水が冷たくてとっても気持よかったんです。

 そうです。ロウソクにカメラ。大変です。
写真どころじゃぁありませんよねぇ。

カー子にまつげが3本。 ほほぅ〜
さすがえすさんの観察力はすごい!
そして最後の画像の みたらし団子ってひとつひとつのお団子小さいですよね?
Posted by yume at 2007年08月03日 22:18
締め込み姿の荒くれ男たちが、たった一本のみたらし団子を求めてもみあう勇壮な祭、ではないんですね。でも川の中を歩くのはとっても気持ちよさそう。京都らしい優しい祭ですね。
Posted by もにか at 2007年08月04日 14:09
☆yumeさん
今年の夏は今のところまだそんなに暑さが厳しくありませんね。
予想以上に冷たい水に、うひゃ〜!となりましたが、上がった後のポカポカ具合といったら、なんとも気持ちのいいものでした。
私も御供物のみたらし団子が小さく感じられました。特別バージョンでしょうか。

☆もにかさん
あ、そうそう、もにかさんの仰るような激しいお祭もあるのですよ。
8月7日に下鴨神社で行われる矢取り神事です。
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/
五十櫛という矢の形に似た櫛を奪い合うんだって。見てみたい!
Posted by えすさん at 2007年08月04日 23:21
みたらし祭…色んなアイテムがあって
なんか楽しそう♪
この池の水って、湧き水?
震えるほど冷たいとは意外・・・
ああ、たった今、全身を預けたいきもち…あづいぃ〜
Posted by marumo at 2007年08月05日 12:12
☆marumoさん
初参加のみたらし祭だったのですが、これいいよ〜!
ひやっと冷たい水も心地良いし、いかにもご利益ありそう。
湧き水? この時期になると不思議に水かさが増してくるらしいんだけど、どうなんだろうね?
marumoさんも来年ぜひ!
Posted by えすさん at 2007年08月05日 15:29
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 職務履歴書 at 2012年12月17日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。