2006年10月15日

獅子が舞う!

昨日(10月14日)のお話です。
場所は宇治の黄檗山萬福寺。
隠元禅師が開創されたこの禅寺は中国様式が随所に取り入れられており、普段見慣れた純和風のお寺の風景とは一線を画しています。
毎年10月中旬に「普度勝会(ふどしょうえ)」という華僑先祖供養の行事が行われます。
日本でいうお盆のようなものでしょうか。
s-IMGP0897.jpg
本堂の前に舞台が設えられています。
さてその異国情緒あふれるお祭とは?


s-IMGP0860.jpg
伽藍堂内が綺麗に飾られています。
s-IMGP0877.jpg
六道が書かれた札とお供物。
s-IMGP0880.jpg
これはなんだ? 騎馬兵かな?
s-IMGP0892.jpg
冥府の紙細工。 亡くなった人があの世で生活に困らないように、紙で家や家具を作るそうです。
s-IMGP0894.jpg
ご供物は果物、パン、春雨などなど。
s-IMGP0906.jpg
これは…閻魔様?
s-IMGP0931.jpg
獅子の登場! 銅鑼と太鼓の音が鳴り響きます。
s-IMGP0952.jpg
高く持ち上げられると拍手が沸き起こりました。
s-IMGP0959.jpg
怖いような、可愛いような。。
s-IMGP0957.jpg
ん? 目が合った…
s-IMGP0972.jpg
と思ったら!舞台から飛び降りて人に襲い掛かる!
s-IMGP0978.jpg
頭にかぶりつく!
s-IMGP0988.jpg
謎の人物が登場。
s-IMGP0991.jpg
一緒に踊りだし…
s-IMGP1006.jpg
メデタメデタの大団円となりました。
s-IMGP1020.jpg
獅子舞は神戸の南京町から出張されてきたそうです。
秋の京都の一風変わったお祭でした。
posted by えすさん at 23:25| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 あら、ビックリ!うちのほんとに近くにえすさんがお越しやったんですね〜。わ〜、なんか不思議〜。
 
 万福寺でこんなお祭りやってはるの知らなかったです。華僑の方々のお祭りなんですね。そういえば、旧正月に香港に行ったらこういうお供え物(紙の家財道具とか作り物のお金とか)ありましたよ。あと、このお獅子にも噛んでもらいました。
 へえ〜、こんな家から徒歩数分のところで見られるとは思いませんでした。面白そうだから、来年は行こうっと♪
 えすさん、教えてくれてありがとう!
Posted by くまちゃん at 2006年10月16日 00:33
こんにちわ〜
万福寺行ってこられましたか。
私も行きたかったですね、
気がついたのが遅かったもので、
写真で楽しみます。
有難うございました。
Posted by おじいさん at 2006年10月16日 14:04
ほほう、これが中国の先祖供養の盂蘭盆会+施餓鬼法要ですか。
そのお供えのところにあるおちょこのような杯のなかみはなんですか?
どこかにお茶のようなものはありませんでしたか?
と、ついつい職業病がでそうな法要です。
しかし、この色合いは、懐かしい(そう、横浜の中華街の色だもん)。でも日本のお寺だって、いまは枯れているけど、もともとは華やかな色彩に満ちて異国情緒が漂うようものであったのですけどね。
ああ、飲茶でも食べに行って蒸篭を積みたくなってきました(爆)。
Posted by もちや at 2006年10月16日 14:54
あ〜 いいですねぇ。この色鮮やかさ。
かわいらしさ。
もちやさんのおっしゃるように横浜、神戸の中華街のようです。このど派手な色合いがまた好きなんですよ。
紙でつくった家具? お人形?
すっごい〜
さすが日本のおまつりとは違いますねえ。
いい感じいい感じ。

ここは普段いくと、静かで凛としたお寺です。その姿の違いがまたなんとも言えません。

来年覚えていたら行きます。忘れてたら教えてください(笑)
Posted by yume at 2006年10月16日 17:14
う〜ん・・・
中華街でもなかなか見れそうにない祭典だわ〜♪
あの棒のような人形!吹き出したぁ!(^◇^)
で、ベロだした人形で(・_・)目が点になった・・・

きっとえすさんも舞ってたんだよね〜
「えすさん舞う!」

・・・・。我ながらイイ題名だ(・_・)ノ

最後のアノ色とりどりのお供物は・・・食べられないんだよね?(確認せずにはいられない・・・)
Posted by みっちゃん at 2006年10月16日 23:30
まるで香港!それとも中華街???
こんなの大好き♪

実はさ、あの獅子が欲しくって買ったのがコレ。
http://blog.goo.ne.jp/kanchan0074/e/e6b7aea47688f7448cbffc2a789656b6

一応、願いは叶いました。

けど!
あのお坊さんみたいなカブリモノ。
アレも欲しかったんだよねぇ〜。

これはまだ実現してません。
Posted by かんちゃん at 2006年10月16日 23:31
☆くまちゃん
あらら、くまちゃん家はここから歩いて数分の所なの?
もしかしたら銅鑼や太鼓の音が家に居ても聞えてたかも知れないねえ。
私も獅子に頭をガブリとされました。
いいことあるかな?

☆おじいさん
萬福寺、いいですよ。
南京町の春節祭はとても人が多くて混乱を極めるようですが、ここはそんなに人で混雑するほどでもなく、でも楽しく賑やかに盛り上がるので、とても楽しむことが出来ました。
機会があればぜひ!

☆もちやさん
お猪口の中身はお酒かなあ?
お茶のようなものは見かけなかったよ。
この中国の色彩はとてもカラフルで、見ているだけで元気が出てきそうです。
日本のワビサビもいいけど、こうしたパワフルお祭もいいですね♪

☆yumeさん
このド派手に拒否反応を起こす人もいますが、yumeさんはお好きなのですね?
いかにも元気が感じられて、私も好きです。異国な感じも好き。
たくさんの若い修行僧が居られたのも印象に残っています。
来年、行きましょう!
Posted by えすさん at 2006年10月16日 23:36
☆みっちゃん
そう、中華街ほど周りが賑わっていないけど、なんだかとっても楽しいお祭でした。
ご先祖様もルンルンであの世へ帰られるのではないか、と思うだけど楽しくなります。
少しだけど中国グッズも販売してたよ。
最後のは…砂糖菓子と見た!

☆かんちゃん
かんちゃんは獅子舞を買ってたのか!
うーんさすがかんちゃん、ぬかりはない…。
あのお坊さんのようなカブリモノ、随分前に梅田のロフトで見かけたことがあります。
そして私…買ったことがあります。オホホ〜♪
職場の宴会で使いました。。昔の話。
Posted by えすさn at 2006年10月16日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25545834
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。