2010年11月06日

魏飯夷堂

時雨がしとしと降りそぼる、ある昼下がり。
またお昼御飯を食べ損ねたので、どうしようかな〜と近場をウロウロ…
そうだ! 魏飯夷堂があるではないか!
t-2010_11010011.jpg
「ぎはんえびすどう」と読みます。
「創作中華一之舟入」の魏さんがオーナーとのこと。
本田味噌の倉庫?として使われていた町家に大規模な改修工事が入り、一体何になるのか?と見守っていたら、なんともお洒落な中華料理屋さんにリノベーションされました。
味噌の看板はそのままなんだね…
一之舟入の中華料理はあっさりした味付け(京風というのでしょうか、私には薄味すぎた…)が印象に残っています。
オープンして1ヶ月、連日たくさんの人で賑わっているのですが、この日は待ち人もいない様子。
入ってみましょう!

t-2010_11010003.jpg
天井が高〜い!
カウンター5席、テーブル40席となかなか大箱のようです。
数種類あるランチはいずれも800円、それに+200円で小龍包とデザートを付けることが出来ます。
ほとんどの人が+200円を頼むのではないでしょうか? つまり1,000円ポッキリの明朗会計なのだ!
私は五目焼きそばのセットをオーダーしました。
t-2010_11010005.jpg
御飯と春雨サラダ、ザーサイ、中華スープが付きます。
五目焼きそばは揚げ麺に五目あんが掛けられているのですが、具材たっぷり、あん(タレ?)のお味もよろしく、そして何より麺そのものが美味しいのなんの!
麺に何かが練りこまれているのでしょうか、それとも揚げ方に秘密がある?
許されるならば、いつまでも食べていたい…と思ってしまいました♪
春雨サラダはマヨネーズ和え、中華スープも特筆することなし。
ザーサイには味が濃ゆいイメージがあるのですが、ここのザーサイはあっさり目。 とても食べやすくて好印象でした。
t-2010_11010006.jpg
そして小龍包。
“小龍包のお召し上がり方”というのが教示され、レンゲに黒酢と生姜をのせて頂きます。
うむ、噂にたがわず美味しいです! 熱々スープがたまんないのですよね♪
t-2010_11010009.jpg
デザートは柚子シャーベット。 口直しにちょうど良い感じです。

このボリュームとお味。私はとても満足しました。
そうしょっちゅう行けるものでもないのですが、機会があればまた行きたい食べたいお店です。

…しかし。
食べログ等ではかなり酷評されているのですね、このお店。
どうなのでしょう、料理によって当たり外れがあるのでしょうか。
それとも私のストライクゾーンが広すぎる?
うーむ、美味しかったんだけどな。。
posted by えすさん at 23:25| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | カフェなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大津の町の木々も日に日に色づいてきました。
深まりいく秋を感じると、ご無沙汰していた京都に行きたくなってきます。
一保堂のいり番茶も欲しいし、すっかり出不精になってしまった私も、一度京都へ行ってみようかなぁ。。と考えています。

京都にこんなお店も出来ているのですね。
なんか面白そうで、体も温まりそうじゃありませんか。。。
そう。。 一度ここ訪れてみましょ。
Posted by yume at 2010年11月09日 17:36
☆yumeさん
今年の紅葉は色付きが良いという噂を聞きます。
また、見頃の時期が短いとも…
yumeさん、こうしちゃいられません! ぜひ京都へいらしてくださいね!
このお店、いつも混んでます。
それだけ人気があるということは美味しいのかな? どうなのかな?
ぜひyumeさんのご感想を聞かせてください〜。
Posted by えすさん at 2010年11月10日 15:49
ここ、ほんまに賛否両論ですね。
私の知り合いは、海鮮焼きそばを頼んだのに、ちっこいエビが一つとゲソの切れ端が入ってただけやったと怒ってました。
メニューに当たりはずれがあるんかなぁ。
Posted by ぽん at 2010年11月13日 12:29
☆ぽんさま
いつも賑わっているお店ですよね。
>ちっこいエビが一つとゲソの切れ端が入ってただけやったと怒ってました
うーむ、それなら私でも怒るぞ(でも直接言う勇気がないへタレ)。
私の時は写真の通り、具たっぷりだったのですが…
なんだか謎ですねぇ。
Posted by えすさん at 2010年11月13日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。