2010年10月10日

近江の旅D 〜ヴォーリズ〜

[10月1日]近江高島へ → 大溝城跡 → 高島散策 → 近江今津 → ヴォーリズNEW

湖岸の方へと少し移動します。
u-2010_10020233.jpg
見えてきたのが、ヴォーリズ通り

<ヴォーリズとは?>
ウィリアム・メレル・ヴォーリズは明治38年にキリスト教伝道の志を抱いて、滋賀県立商業学校の英語教師に着任しました。来日2年後に英語教師を解任となったヴォーリズは、学生時代に習った建築設計技術を活かし、後にヴォーリズ建設事務所を開き、生涯に約1,600件余りの建築設計を手がけています。
ヴォーリズ建築の中では、教会やYMCA施設などキリスト教関係の建築物が非常に多く、東京、大阪、京都、神戸など全国に及んでいます。(今津ヴォーリズ資料館の資料より抜粋)
また、近江兄弟社を創立して、メンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもあります。


ここ近江今津にも、ヴォーリズが設計した建物が残されています。
そのいくつかを見ていきましょう。

u-2010_10020238.jpg
旧今津郵便局(昭和11年建築)
和洋折衷様式と呼ばれる建築。なるほど、一見洋風でありながら瓦屋根を使用していますね。
u-2010_10020240.jpg
あんなところに〒マークが!

u-2010_10020242.jpg
日本基督教団今津教会(昭和9年建築)
教会であるとともに、現在は幼稚園としても使用されています。
u-2010_10020247.jpg
中からは園児の嬌声がキャッキャキャッキャ。
u-2010_10020251.jpg
正面玄関上の文字の「今」が反転しているのは、古来中国の篆書体によるものだそう。

u-2010_10020252.jpg
旧第百三十三銀行今津支店(大正12年建築)
大正期洋風クラシックの銀行建築。現在は今津ヴォーリズ資料館として使用されています。
u-2010_10020254.jpg
1階部分には様々な説明パネルが掛けられていました。
u-2010_10020253.jpg
この外からの光線の入り具合が、なんともヴォーリズらしくていいですね。
落ち着きと華やかさが同居しているようで、好きです。

ヴォーリズ建物については以前、近江八幡へ行った時の事を日記に書いています。
よろしければご覧下さい。
近江八幡その2(池田町洋風住宅街)
近江八幡その3(池田町から〜)
近江八幡その7(日牟禮八幡宮から…)
近江八幡その8(名残惜しみつつ…)

さあ、時間が迫ってまいりました。
次へと急ぎましょう。

u-2010_10020256.jpg
途中で「琵琶湖周遊の歌資料館」を冷やかし…

u-2010_10020257.jpg
観光船のりばへ。
そうです、船です。 船で竹生島へと向かいます。
u-2010_10020259.jpg

<ワンポイントアドバイス>
JR近江今津駅のみどりの窓口で乗船券(引換券)を購入すると割引価格となります。これってあまりどこにも書いてないのですねぇ。知っているとちょっとお得です。
また、波が荒い時は欠航となりますが、それは当日にならないと分かりません。よって、旅の日程にこの航路を入れる際には、欠航時の代替プランも考えておくとよいでしょう。


u-2010_10020261.jpg
今津港から竹生島までの乗船時間は約25分。
京都の盆地育ちの私は、実は海や船が苦手です(汗)。
若干緊張しつつ、乗船しました。
u-2010_10020266.jpg
ひえ〜っ、波が荒いのなんの!(大汗) 波頭と波頭を飛び跳ねるように進みます。
もしかするとこれくらいは当たり前なのかも知れませんが… 私はちょっとドキドキ。
u-2010_10020267.jpg
そうこうするちに、見えてきました!竹生島。
ホッとするのと、新たなドキドキワクワクで、さあいよいよ竹生島上陸です。

(続く→近江の旅E〜竹生島〜
posted by えすさん at 21:00| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 近江路・歴女ブロガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ。。今津港から船で竹生島に行かれたのですね。


この「観光船のりば」の雰囲気が昭和色で、さらにそこから船で琵琶湖に浮かぶ島へ移動するなんてのは、滋賀でなければできない観光だと思います。
滋賀県民の私ですら、真似したくなってしまいます。
Posted by yume at 2010年10月10日 21:57
☆yumeさん
最初は逆ルート(船で今津へ)を考えたのですが、そうするとどうも竹生島での滞在時間が十分に確保できなくて… 
いろいろ考慮した末、今回のルートとなりました。
船旅っていいですね。まさに滋賀県ならでは、です。
Posted by えすさん at 2010年10月10日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。