2006年02月20日

同志社3

s-PICT3770.jpg
相国寺表門前の通りを挟んで「アーモスト館」が建っています。
ヴォーリズが設計した有名な建物です。

s-PICT3768.jpg
どことなく上品な印象を受けました。
門が開いていたため、少しだけ敷地内へ。
後で知ったのですが、現在は学生寮として使用されており立入禁止だそうで…あわわわごめんなさい。
でも、ここで寮生活を送る暮らしって…どんなのだろう。

さて、帰りましょう。
お土産は、定番!パパジョンズのチーズケーキ!
s-PICT3671.jpg

s-PICT3675.jpg
マーブルチーズケーキ550円。
お値段少し高めですが、濃厚な味わいは食べ応えあり!です。
すぐ近くにあるヤオイソのフルーツサンドもお勧めですよ。


posted by えすさん at 22:07| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴォーリズ建築でもこちらはやっぱりとても洗練された感じを受けます。
常に綺麗に修復されているからなのでしょうか?

同じ日に大学、ヴォーリズ建築を見て歩いたというのは奇遇でしたねえ。
同じ土曜日私は北白川の駒井邸を見せていただきました。
こちらヴォーリズ建築の個人邸。生活に密着した身近な感じで、ヴォーリズさんが近くなった気がしました。
Posted by yume at 2006年02月21日 22:26
☆yumeさん
ヴォーリズ建築、これまでも名前はよく耳にしていたのですが、実際にその建築物を目にするとその良さがほんとに肌で感じられるようでした。
駒井邸、とてもよさそうですね。今度行ってみます。
Posted by えすさん at 2006年02月21日 23:15
え〜〜〜〜!マーブルチーズケーキって初めて見たぁ〜!!!
ど、ど、どんなお味ですかね?
マーブルとチーズの味?(-_-;)(←そのまんまやん・・・)
Posted by みっちゃん at 2006年02月21日 23:37
☆みっちゃん
これはね、チーズにチョコレートが混じったような味です。
黒い波模様がチョコレートですね。
見た目が大理石の模様に見えるから、マーブルなのですね。
…なんて書きながら、違ったらどうしよう(汗)。
Posted by えすさん at 2006年02月21日 23:46
えすさんが づかづかと。。と敷地内に入ってくださったおかげで近景画像が見られました♪ (笑)
Posted by yume at 2006年09月26日 20:59
☆yumeさん
す、すみません。。(誰に謝ってんだか)
反省してるのです。これからはもう少し大人しく自粛しようと。
やはりルールは守らないとね。
Posted by えすさん at 2006年09月26日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

同志社大学・アーモスト館
Excerpt: 同志社大学アーモスト館 1932年(昭和7年) ヴォーリズ設計 今出川通に面している正門から入って右手奥に道路に面して建っています。
Weblog: 京都ひとり歩き - yume_cafe -
Tracked: 2006-09-26 21:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。